12月 032012
 

「恋愛映画でも見て勉強しろよ!」と、大学に入って好きになった男に言われ、勉強すべきなのは、映画と恋愛のどちらなのか判別しかね、「恋愛」ならばこの男はバカだと思ったが、男に対しての気持ちは萎えず、初めてのデートは、鎌倉の小津と黒澤の墓参りで、「この天才の映画を見よ」と、その男が言ったのは、小津の墓の向かいの木下恵介の墓前であった。

あれから幾年月、天才映画監督・木下恵介生誕100年祭が、開催された。

木下の作品群はコメディーから叙情的なもの、エクスペリメンタル、社会派作品まで多岐に渡ってリッチ。それぞれの作品も濃密だ。喜劇仕立ての『今年の恋』の中で、高校生役の登場人物に、クリスマスに浮かれる人々を評して「人間じゃないよ、男と女だよ」と言わせた如く、木下作品の登場人物は、「母」、「父」、「妻」、「夫」、「子供」というタグを外され、善と魔の間で揺れる生身の男と女として描かれる。ストーリーラインを背景に、露わになった男と女の欲望と、欲望の発露である孤独が浮き彫りとなって共感を誘う。

『永遠の人』や『女』では、欲望に任せて女を自分のものにする暴君にさえ、彼らの切なさが感じられ、感情移入してしまう。暴君の「真剣な愛情」を、暴君に愛された女が「暴力」だ、と切り捨てる時、スカッとしつつ男が可愛そうになる。善として描かれる男が、女の幸せを祈って身を引く時、「非道いやつ」と思ってしまう。

どうしようもない男と女の心の揺れを一粒たりとも見逃さないカメラワークと、人間の多面性を造形する木下の演出によって、自分以外の人間にも心があるということを思い知らされる。

自分の気持ちの変化を追うのに精一杯な欲深でバカだから、相手のバカも許して、恋も映画も学ぶ所満載の映画をこの際いっぱい見ることにした。

☆木下惠介生誕100年祭:東京・東劇にて2012年11月23日〜12月7日

Momoe Melon

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">