10月 232011
 

‎10月21日、田中泯体験。私は目撃者。写真はない。感動を言葉にするだけの語彙もなし、体のことも空間のことも知らない。それが焦りとなり同時に嬉しい。
今日、10月22日、目の前でグラスが割れた。割れたガラスを片付けながら、岩手・土澤の東和自動車倉庫、原口典之のファントムの後方窓ガラス、割った田中泯を、これからガラスが割れる度憶い出すことになるだろう予感がある。
やいややい。
岩手・晴山駅ホームから近い田の畦道で跳ねる田中泯に、駅ホームから老婆たちがかけたかけ声。ヤイヤヤイ。

静かにそこにあると思っていた原口典之のFANTOMと田中泯の踊りはコラボし、インプロヴァイゼーションの瞬間を紡ぎ出し、原口典之のFANTOMが生ものとして、その金属が波打つ。

岩手・晴山の田の畦道で手を空にかざし踊る田中泯の手の先で風が起こる。田中泯の体は空間の一部となり、同時に田中泯は異形であることを続け、空気の中に波を捉え渦を起こす。

There is no word to mean Min Tanaka’s dance in my hands which excites me and makes me to search the world and feeling inside of my body at the same time. Watching and hearing a glass broken tonight reminded me of Min Tanaka had broken the window behind Noriyuki Haraguchi’s FANTOM. As long as I am aware of what’s going on around of me in this world, whenever I see and hear glass broken, I will picture the moment Min had broken the window with a stone in his hand in Iwate in Japan on 21st of Oct 2011.

Momoe Melon

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">